へんか

好きな異性のタイプがいつのまにか変わっていました

高校生三年生から大学一年生のときは
とにかく地味で真面目そうなひとがよかった
理由はお父さんが結婚に失敗した理由は顔で選んだからと年齢的に焦っていたからといってたから。
だから、真面目なひとがいい!!!!!となりました。

そして、理系で真面目で地味で服に無頓着なひとと付き合いました。
話は、食の安全についてぐらいしかあいませんでした。となりを歩きたくなかったです。

新しい彼氏と付き合いました。
ソフィアコッポラの映画の話ができます。渋谷下北ではじめてデートができました。隣を歩きたくないなんて思いません。おしゃれなカフェやショップにも入れます。おしゃれしたくてかわいくなりたくて去年の冬は1着も買わなかったのに今年は何着も何着も買ってます。下着も新しく買ってます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
合うとは、このようなことなのか!
話があう!
お母さんがいってた
何事も相性が大事。
その通りやな
私は、地味で真面目なひととは合わないです。価値観が合わないから、一緒にいても楽しくない。

彼氏は、物へのこだわりが強いことが分かりました。まな板、フライパンも見た目が、いいやつを選びます。妥協しません。
だから家には、おしゃれなものばかり。
そんな家は最高です。
私も一人暮らしするときは、そんな、家にしたいなって思いました。